トシとって一重まぶたが二重になることはある?

十仁美容整形の梅澤文彦院長の話

「一重だった人が自然に二重になったのは、そもそも二重だったのが、太りすぎやまぶたのむくみ・腫れぼったさで、 一重になっていただけ。そういうのを『隠れ二重』というんです」

隠れ二重ですか、なるほどですね。

「子どもなどは特に、皮膚の弾力が強すぎるせいで、二重が一重になってしまっている場合もあります。 たとえば、片方が二重で、片方が一重という場合など、トシをとってから二重が出てくる人はけっこういるんですよ」

子どもの頃一重だからといって、あまり悲観的に考えなくてもよいということですね。


二重になる方法

歳をとると二重になる人もいる

「一重の人はまぶたの皮膚が厚めで、弾力性があるから、しわになりにくいんです。 でも、一重の人も寝不足をすると二重になったり、逆に二重の人が水分をとりすぎてまぶたにむくみが出て、 一重になったりするでしょう?」

確かに、寝不足のとき、普段は二重なのに、一重になっちゃうという声はよく聞かれますね。
ただし、二重の人が三重になってしまうのは、これはシワだそうです・・・

さらに民族や国でなぜ一重や二重といった違いがあるかというと、先生いわく

「北方系は一重まぶたが多いといわれてますが、これは目がはれぼったく皮下脂肪に覆われていることで、 寒さから目を守っているから。
逆に、南方系は二重の人が多く、これは暑い地域で、汗をたくさんかくため、 とよ(雨樋)がないと、汗が目に入ってしまうから。二重のしわは雨樋の役割をしているんですよ。
ただし、アイヌ民族には二重が多いこともあり、一概には言えないことですが、まぶたにも本来、外界から身を守る役割があるんです」

なるほどですね。
国や民族では、やはり住む環境により、肉体的な違いが現れるのですね。

excite.ニュース トシとって一重まぶたが二重になることはある? より



カスタム検索